★自分を心から認める

「愛を軸に本当の自分で生きる」
そんな在り方を教えている
意識のガイドSanae Najimです。

ブログにお立ち寄りくださいまして、
本当にありがとうございます。

ヒーリングサロン & スクール True Lightのご案内
 

「今日は、セッションをありがとうございました
今日は、よく泣きました
セッション終わってからも
久しぶりに声をあげて泣きました
「ごめんね」と自分に言いながら
 
大分、
自分の気持ちには気づけるようになった
気持ちに素直になることができるようになった
早苗さんにも正直になっている
と思っていました
 
でも違った
いっぱい我慢させていました
 
グループアライメントをご案内いただいた時
とても嬉しくて、参加したかったけど
友人との約束があることに気づき
迷いが生じた
その迷いは私のものだけなので
外に出してはいけないと思って、
一生懸命感情を隠そうとした
 
全然正直じゃないですね
もうびっくりです
本当に私って良い子ちゃんだなぁと思います
 
今、その部分のZoomを見返して観て
「なにこの作り笑い」って思ってしまいました
穴があったら入りたい
 
私、何から逃げているんでしょう
何がそんなに怖いんでしょう
 
早苗さん
もっと話をしたいです
聞いてほしい
私の胸の中にある悲しみ、哀しみ、怒り、無力感
隠している様々な感情、過去
 
本当に私は、自分に
たくさんの制約をかけているんだなぁと気づきました
自分のやっていることを心から認めていない
全然、正直じゃない
 
「病気になっても気づかない人いるよね」
「私、私」
って会話を少し前にしてて
もう、気づかなきゃね
なんて笑い話にしてたのに
 
今日は、ありがとうございました
良い機会にします
 
私は、私に正直になります」

本来の自分に目覚める6か月プログラム
を受けてくださっている、
美しいM様からのシェアです。

ご許可を頂いて掲載しています。

 
 
自分の外側(周り)に起きていることは
自分の内側の投影である。
 
よく言う言葉ですよね。
 
これは事実です。

私たちは自分の人生を
創造しているのですから。

 
これ怪しい話ではなくて、
量子力学や脳科学でも
よく言われる話です。
 
なので、自分の内側で
何が起きているのか
正直に見て、受け入れて
解放すべきこのを手放して、
 
自分のトゥルーセルフが
発信している光を
意識の中心に置いた
思考に変えていくことが、
 
人生を変えます。
 

別の言い方をすれば
ディバインソースアライメント
をして神聖さにアクセスし
波動を上げることが
とてもとても重要です。

自分の波動を低くしてしまったら、
それを現実化してしまう。

今日のグループアライメントで、
今話題のマスクのことや、
この話の詳細を話そうと
思っていますし、

このブログでもいつか
そのことに深く触れたいなあと
思っています。

最近、セッション内で
自分の本心を感じてもらうと、

怖いどころか、
安心したりリラックスる
という体験をして頂きます。

 
正直になるって
楽になることなのです。
 
潜在意識は変化を
とても怖がります。
 
だから自分に
教えてあげないといけないのです。
 
いや~、
実は楽になることなんだよーって💛。
 
M様がハートに入ると
いつも私は女神のようだなと
感じています。
 
発する言葉の音は
「1/fゆらぎ」を持っているし、

まなざしは
マザーアースを感じさせます。
それをご本人にも知って
いただきたいのです。

 
実際に自分が自分の
女神なのですし、
 
言いかえれば私は、
その人のディバインマザーを
感じているので、

ジャッジなんかできないのです。

 
安心してここで正直になることの
練習をしていただければ
いいなあと思っています。
 
M様のようにハートから書かれた、
またはハートからの発言は、
人のハートを開いていきます。
ありがとうございました💛。

さて、明日2月8日(土)にいよいよ
マザーアマラをゲストスピーカー
としてお招きする
光のセミナーの募集を行います。

ご興味があれば
ぜひお待ち申し上げております。

 
 

information

 

【募集】2020年度 ヒーラー養成講座
4月スタート 誰でも参加できます 詳細はこちら

【募集】ギャザリング in鳳来寺
善と美を慈しむ自分旅 2020年5月
詳細は
こちら

【募集】光のサークル 
月1回の愛と光のグループティーチング&シェア会
詳細はこちら

【募集】グループアライメント
ハートで生きる在り方の基本を練習します
詳細はこちら

 


 


 

  

 

お友達追加してくださった方には 
*サプライズプレゼントをしています。 
LINE@ ID:@sanae7 

 電子書籍を発行しました↓↓↓